狙った女性をベタ惚れさせる好意の5段階レベル理論

女性の好意の5段階レベルのメイン画像

「どの程度の好意をあなたに抱いているのか?」

というのは誰もが気になるはず。あなたのことが好きだと確信できれば、デートに誘っても大丈夫かどうか、ホテルに誘ってもいいのか、といったことが自信を持ってできるからだ。逆に、相手女性の好意がどの程度かわからなければ不安で自信を持って誘うことはできないだろう。

そこで今回は「女性の好意を見極めるために必要な5段階の好意レベル」について詳しく解説する。これは非常に役立つノウハウなので、必ず理解して欲しい。

1. 女性の好意の5段階レベルとは?

男性の「好き」という感情は、先ほどの原始的な側面から考えても、「射精をして遺伝子を残せれば良い」という部分から判断して、性的なものと結びつきやすい傾向がある。

逆に、女性は「優秀な遺伝子の確保」という面から、慎重に判断し、劣悪な遺伝子をもらわないように警戒をしているのです。妊娠というのは非常に体力を消耗し、死の危険性もある。そのために、「一目惚れ」「会ったばかりで好き!」というのは稀だ。これに関しては、過去と現在のあなたの周りの恋愛事情を観察してみても納得できると思う。

この辺りの本能とかの難しい話は『女の落とし方』を参考にして欲しい。どうでも良さそうで、男と女を理解するには非常に役立つ理論なので知っておいても面白いと思う。

この理論から女性に好きになってもらうためには段階を踏む必要が出てくると考えられる。つまり、女性は

男性の魅力を本能面と理性面でしっかりと観察してからセックスの相手や恋人に選ぶ

ということだ。そこでジゴロパンダ式の恋愛ノウハウでは、5段階の好意レベルを元に女性との関係性を構築していくと考えていく。大きく分けると、このようなイメージだ。

レベル0:興味がない
レベル1:嫌い。生理的に無理
レベル2:友達としてならアリ
レベル3:好意は感じている。「ちょっといいかも」
レベル4:大好き。付き合いたい

ただ、気をつけて頂きたいのは、あくまでも「女性側の男性に対する認識」をレベル分けしただけなので、この段階の判断は女性と接する中で慎重に行って欲しい。

この段階を意識して、女性とコミュニケーションをとっていくと「女性になにをすればいいのか」というのがはっきりとわかるので便利なノウハウだ。

1−1. 女性の好意の5段階レベルは関係性のノウハウ

女性の好意の5段階レベルの階段イメージ

そして、きちんと理解して頂きたいのは、この好意の5段階レベルというものは、あくまでも

女性との関係性

を示しているものだ。例えば、A子、B子、C子といたとして、それぞれの女性は恋愛に対する価値観やルックス、年齢も全て大きく異なるとする。そうすると、

A子はレベル4の関係性:A子はあなたにベタ惚れ
B子はレベル2の関係性:あなたとただの仲の良い友達
C子はレベル1の関係性:あなたのことを大嫌いで顔を見ると不快

といった具合に、あなたは同じ男でも、普段のコミュニケーションの取り方や相手女性の価値観などによって、好意レベルは異なるのだ。

好意レベル = あなたの魅力  ×  相手女性の価値観や性格など

によって大きく変わるということを認識しておいて頂きたい。それでは、それぞれの段階について詳しく解説していく。

女性の好意レベル0:興味がない

この段階は、学校で言えば、ただ同じクラスだけど話したことがない。ただの知り合いレベルの関係性だ。たとえ、お互いのことを知り合ったとしても女性から全く一緒にいる魅力を感じさせていない場合もここの段階に当てはまる。

女性を誘うことができずに、深い関係を築こうというアクションを起こさない人に多い傾向がある段階です。つまり、「嫌われるのを恐れている」という人は相手女性に本音でコミュニケーションをとれないので、有害でも無害でもなく、深く認識されていない状態になってしまう

この段階を抜け出すには「本音でコミュニケーションをとる」ということを日頃から意識していった方がいい。そうすれば、意外に簡単に変わっていく。周りに合わせ過ぎると、この段階の関係性に女性となってしまうことが増えてしまうだろう。

女性の好意レベル1:嫌い。生理的に無理

口説こうと頑張ったけれども、嫌いだから受け入れることは不可能と女性に判断された段階にいる。レベル0の「興味がない」という段階と異なるのは女性の感情が生まれている点だ。

この段階を抜け出すには、女性の「心地よい」と「不快」という感情があるというのを理解することだ。これらを理解していれば、「不快なこと」をしたりして嫌われているのを、「実は。。。」と相手に「心地よさを与える」プラスのギャップを生むことができれば、レベル4以降に一気に逆転も可能なポジションだ。

この女性の「心地よい」と「不快」理論は、『2つの人間心理をズル賢く利用して女の子と仲良くなる方法』を参考に学んで欲しい。これも非常に重要な恋愛ノウハウだ。

女性の好意レベル2:友達としてならアリ

ルックスが清潔感もあり、一緒にいても恥ずかしくもないし、会話もそこそこ楽しめる。趣味も合うし、一緒にいても苦ではないといった状態のことだ。デートに誘えば応じてくれたり、友達も一緒でならと言われることも多くなる段階になる。

ここの段階から口説くのは多少時間が掛かる。しかし、最低でも多くの女性相手に第一印象でこの段階に入らないと、好みの女性と付き合ったり、セックスをするのは難しくなる。性格、ルックス、トーク術などを広く浅く身に付ける必要がある。

女性の好意レベル3:好意は感じている。「ちょっといいかも」

見た目がタイプだったり、居心地が良かったりと魅力を感じてくれている段階であり、セックスを受け入れてくれることが可能なレベルだ。

基本的に、デートに応じてくれて、口説くことができる女性は、ここの段階に入っていることが多い。ナンパで即を狙うのであれば、短時間でこのレベルに行く必要がある。第一印象でこの段階に入ることを常に目標として欲しい。

モテる男と呼ばれる人が、いろいろな女性とセックスをしたり、付き合ったりできるのは、この段階に入るコツを覚えているからに過ぎない。レベル2に入るのが得意ならば、あとはデートや魅力の見せ方などのコツさえ覚えれば、レベル3に上ることは可能だ。

レベル3、レベル4と上がっていくには『女の落とし方』で女性を惚れさせる4要素を解説しているので、それは参考になると思う。

女性の好意レベル4:大好き。付き合いたい

女性自ら常に抱かれたい、一緒にいたいと思われている段階。女の子自ら、積極的にアプローチをしてくる。いきなり、この段階に持って行くには、ルックスや社会的なステータスなどの表面的な魅力を持っている必要がある。一般的にはレベル3からレベル4に段階的に上がっていく。

この段階のレベル4に上がるにも『女の落とし方』の女性を惚れさせる4要素は参考になるので学んでみて欲しい。

まとめ.  女性の好意は段階を昇っていく

女性と男性の異性の好きになり方は異なる。

男は遺伝子を残せる相手を探し、女は遺伝子を残したいと思える相手を選ぶ。

この言葉からわかる通り、女性は遺伝子を残したいと思う相手を選ぶのに基準を設けるのだ。ルックスだったり、社会的なものだったり、優しさだったり、様々な項目を持つ。

そこで、この基準をどの程度満たしているかどうかを「好意の5段階レベル」を元に考えると、わかりやすくて、どうすれば女性と関係を深めていけるかがわかる。

是非、この理論を活用して頂ければと思う。

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す