女性に愛されるモテる男になる!服装選びの3つの秘密

モテる男の洋服のメイン画像

「彼女を作るための女ウケの良いモテるファッションがわからない」
「ファッションに疎くて、好きな子にダサイと言われないか心配」
「女の子にモテるために服を買いたいが、なにを買えばいいのか悩んでいる」

といったことを悩んでいるとすれば、このページでは、それらの解決策に答えていく。ジゴロパンダもファッションに疎くて、どんな服装をすればいいのかわからなかった。せっかく、高いお金を使って洋服を買って鏡を見てもダサイ。このように最初は上手くいかないもの。

パンダ自身がナンパ師やホスト時代のオシャレな先輩達から学んできたファッションの知識や経験を元に、

『どんな出会いのシーンでも女ウケの良いモテる服装の選び方』

をこのページは取り上げていく。どれも実際に試して、女ウケの良くなったものばかりなので、是非参考にしてみて欲しい。

1.   絶対に抑えておくべき!モテる男の服装3要素

パンダ式の女性にモテる洋服の選び方の基本を教える。これはどんなジャンルの服装でも通じる基本なので確実に抑えて欲しい。

※『女ウケの良いファッション』でモテる男のファッションジャンルについても取り上げているので参考にしてみて欲しい。

1−1.  サイズ感・シルエット

モテる男の服装 サイズ感がダボサボ事例

サイズ感がダボサボ

モテる男の服装 サイズ感がピッタリ事例

サイズ感がピッタリ

街中で今回はエロイ視線ではなく、服装を学ぶ視点で女性のファッションを観察して見て欲しい。ストリート系のダボッとした服装や太っている女性以外は、「自分の体型に適した服」を着ているはずだ。

なぜ自分の体型に合った洋服を着ているのか?

それは自分の身体のシルエットがキレイに見えて、細く、スタイルが良く見えるという理由による。太っている人はちょっとゆったりしたサイズを着て、シルエットを丸くして可愛らしく見えるようにしていたりと自分の見せ方の工夫をしている。

まずは、これがファッションの最も重要な基本となる考えだ。

次は、テレビの中にいるイケメン俳優やジャニーズなどのモテる男たちの服装を観察してみて欲しい。女性達と同じように身体のシルエットがキレイに見える服装を着ていたり、ジャニーズの子たちなんかは、可愛らしく見えるように若干ゆったり目の服装を着ていたりしている。

こうやって他人を観察して、モテる洋服というイメージを掴んでいって欲しい。また、タレントで自分の体型に似合った人で、女ウケの良い人をピックアップして真似をするのも効果的だ。

あと、洋服を購入する際に気をつけて欲しいのはブランドによってサイズ感は異なるので、その点は注意が必要だ。ネットで買う場合はS・M・Lなどのサイズではなく身体の寸法を元に購入を決断することをおススメする。

1−2.  カラー・色遣い

洋服におけるカラー色遣いは以下の2ポイントを意識して欲しい。

色遣いのポイント1. コントラストを意識する

洋服のコーディネイトのカラー」も非常に重要な要素になる。例えば、合わせやすいコーディネイトだと

モテる男の服装のコントラスト事例

洋服の選び方 コントラスト事例1

下のパンツの色が濃い目ならば上は白などの薄めの色。

モテる男の服装コントラスト事例2

洋服の選び方 コントラスト事例2

白パンツなどの薄めの色ならば上半身は濃いめの色にしたりすると色のコントラストがはっきりしてカッコ良く見える。

上下とも「白 × 白」「白 × 薄いピンク」といった同系統のカラーだと首から上の顔や髪型も爽やかでないと、存在感が薄い印象になりダサくなる。

色遣いのポイント2. 季節感を出す

季節感をいれるとオシャレな印象を抱いてもらえる。ジーパンは同じ物でも、シャツをパステルカラーにするだけで印象は春や夏っぽく爽やかになる。

洋服の選び方の色選び 春の色 モデル事例

色遣い パステルピンクのシャツ

逆に、下半身のジーンズを白パンツにするだけでも春や夏っぽさを演出することもできる。このように洋服のカラーで季節感を出すのもモテる男の洋服選びとして重要だ。逆に秋だと、ワインレッド、グレーなどの落ち着いた色の方が「秋っぽさ」が表現できる。

季節感というと難しく考えてしまうと思うが、

春 ⇒ 明るめの色
冬 ⇒ 暗めの色

くらいで十分だ。色を具体的にすると、

春から夏  ⇒ パステルカラー、白、青系
秋から冬  ⇒ ワインレッド、グレー、黒

是非、これからのモテファッションに取り入れていって欲しい。

1−3.  素材感

素材感と言われて難しく考える必要はない。以下の2つのポイントに従ってみて欲しい。

洋服の素材選びのポイント1. 硬い印象?柔らかい印象?

洋服の生地に使われている素材でも大きく相手に与える印象は異なる。例えば、ジャケット一つにしてもレザージャケットだと「男らしくてゴツい」という印象になるが、綿のジャケットでは「柔らかい」印象になると思う。

モテる男の服装 レザージャケットの素材事例

レザージャケットの素材事例1

モテる男の服装 綿ジャケットの素材事例

綿ジャケット

 

素材の堅さで見た目の印象は大きく変わる点を知識として脳みそにぶち込んでおいてくれ。最近は、男臭い印象の洋服よりも柔らかい女性的なモテル傾向がある。レザージャケットはコーディネイトが難しいので要注意。

洋服の素材選びのポイント2.  夏なのに暑苦しいのはNG

季節に応じた素材感」も意識していくことも重要だ。例えば、夏なのにニット素材の暑そうな生地のインナーを着ていたら「暑苦しい!どっか行け!!」と言いたくなるのは人間ならば共通の感情だと思う。

12月などの真冬にサラサラの素材の洋服を着ている相手と一緒にデートをして、見た目から涼しい印象を出されると「寒そう」だと心配されてしまうかも知れない。

夏 ⇒ 涼しい印象の洋服
冬 ⇒ 温かそうな印象の洋服

が正解となる。これは季節に応じて、普通に選んでいればこのようになっていくと思うが万が一のために気をつけておいて欲しい。

洋服の素材選びのポイント3.  ナイロン素材はNG

ナイロン素材は軽くて防水性にも優れているアウトドアやスポーツ用品としては最高の品と言える。登山なんかには最高だろう。

だが!!

女の子との街中でのデートにはスポーティー感が出過ぎてしまうので、お勧めはできないし女ウケも悪いのでNGだ。

まとめ. 洋服選びも基本が大事

何事も基本が重要だ。サッカーをするにもパス、ドリブル、シュートとどれか一つでも抜けてしまうと上達は圧倒的に遅れる。

人間関係も挨拶ができる、約束を守れる、感謝と謝罪ができる、ができるかどうかという基本で関係性は大きく異なる。全ては基本となるルールを守った上で独自性を入れるのが成功の最短ルートとなる。

【洋服選びの3つの基本】
1:サイズ感によるシルエット
2:色遣い・カラーリング
3:素材感

の3要素が服装選びの基本だ。これらをどれか一つでも外すと女ウケの悪いモテないファッションになってしまうので、どれも抜けないようにして欲しい。

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す