【危険】逃してはいけない女友達から彼女になる4つのタイミング

女友達から彼女になる メイン

あなたに既に女友達がいて、その女性に対して

「付き合って彼女にしてイチャイチャしたい」
「好きなだけエッチをしてムチャクチャにしたい」
「彼女のおっぱいを吸いたい」

といった、女友達に対して、男としての色んな欲望があると思う。今回は、それを叶える秘密について話していく。

0. 女友達から彼女にする方法を学ぶ動画バージョン

1. 女友達から彼女化するために女性心理を理解する

まず、どんな恋愛ノウハウでも同じだが、女性心理を理解して、それに基づいて行動を起こしたり考えたりすることで恋愛ノウハウが効果が出てくる。

「女性の心が求めていることを提供する」

これがベースになるので、これから女性心理に解説していく。

1−1. あなたの女友達の女性心理

あなたに理解して欲しい女性心理は、

「女性は男に対して無意識レベルで価値のある男かどうかの優先順位をつけている」

というものだ。なぜ、こういう心理が女性にあるのかというと、女性は妊娠をする。女性が妊娠をすると、お腹の中で10ヶ月間という間、男の遺伝子と交わった子どもを宿したまま生活する。

「オギャー!」

と俺らの先祖の女性は、妊娠をしてから、お腹を大きく膨らませて動きづらい身体で、いつ野獣に襲われるかも知れない厳しいジャングルの中で生きていくしかなかった。

そして、出産でも、セックスの時は指が2本入れば締め付けられるマンコからスイカのような赤ちゃんが生まれてきて血だらけな訳だ。さらに、栄養もたくさん赤ちゃんに取られてしまう。

「まさに命がけ!」

だからこそ、遺伝子をもらう男は選ばなければならないのだ。

「オドオドして優柔不断で、虚弱体質で、頼りがいのない男では、私を敵から守って、子どもを育てることはできない」

と女性に判断されてしまう。より強い遺伝子。丈夫で健康で将来に渡って自分たちの遺伝子を残していける。そのために、女性には、子供を産むための遺伝子を慎重に選ぶという本能があり、価値のある男を求めている。そのために、女性は優先順位を付けているのだ。

女性は、第一印象から「いいな」と思ってそこから始まり、男性とコミュニケーションを取り、関わってきた男の中から優先順位を付ける。これは無意識の本能であり遺伝子レベルの行為なのだ。だから、避けることはできない。その男の価値というのは、

「見た目が美しく健康でたくましい」
「リーダーシップがあり頼りがいがある」
「優しくて細かい気遣いができる」

などなど。こういった総合的な魅力から、男性に優先順位をつけているのだ。

この「男に優先順位を付けている」という女性心理を理解しないと、女友達から彼女にと発展させていくっていうことが難しくなってしまう。まずは、この心理を把握しておく必要があるのだ。

2. 女友達から彼女になるキッカケ作り

次のステップでは、男女の関係になるキッカケ作りが必要になってくる。

「恋はフィーリング、タイミング、ハプニング」

という言葉があるように、男女の関係に発展するには、タイミングとハプニングが必要になります。

フィーリング=女性がいう相性

というものだ。女性に「好きな男性の好みは?」と聞くと「フィーリング」「好きになった人がタイプかなぁ」と言ったりする。このことを意味している。さらに、言い換えると

フィーリング=女性の優先順位の上位に入ること

先ほど話した女性心理を満たした男だということだ。この前提があってこそ、タイミングやハプニングなどのキッカケ作りが必要になる。重要なことなので、何度も言うが「女性の優先順位の上位に入る」ということから目指すことで、女友達から彼女化が可能になる。

※『女性心理から好意を見極める秘訣』では、女性があなたに好意があるのかどうかの脈ありサインを読む秘訣を解説しているので参考にして欲しい。

3. 友達が彼女になる4つのイベント

女友達を作るにしても、職場や学校など色々な出会い方がある。まずは、初対面で女性から無意識レベルで「あ、この人いいな」とか「魅力的だな」など思ってもらうことが必要だ。

その後に、女性に会話などのコミュニケーションをとっていく中で「この人いいなぁ!」とか「この人と付き合ったら楽しいかも」と思うタイミングやハプニングが出てくる。

その具体的な恋の発生イベントとしての代表的なタイミングやハプニングは、次の4つだ。

【4つの恋の発生イベント】
1:好意を少しずつ示して告白(女性からもある)
2:酔った勢い(セックスをした後に告白)
3:二人きりで話す機会から親近感が芽生えて
4:寂しい時に相談に乗ることで

それぞれを詳しく解説していく。

3−1. 好意を少しずつ示して告白

男性側が女性に対して、

「君のことがタイプだ」
「手を繋ぐ」
「デートに誘う」

などを通して、好意を示し、女性に「私に好意があるんだ」と思ってもらい、異性として意識をしてもらう。ただし、もちろん女性がその男性に興味があることが前提でなければ、デートに応じてももらえない。男女の関係としてデートするためには、前もって女性に好意を抱いてもらっている、もしくはデートの中で優先順位が上位に入るようなコミュニケーションをとっていかなければいけない。

3−2. 酔った勢い

女性の気持ちとして、

「ある程度以上の好意を抱いていてセックスをしても良い」
「酔うと性欲が一気に高まるタイプ」

といった場合に、酔った勢いでセックスをして、そのキッカケで告白し、恋に発展していったりすることもある。お酒を利用するのも効果的な手段だ。『失敗しないセックスへの誘い方』も参考になると思う。

3−3.二人きりで話す機会から親近感が芽生えて

職場や学校で普段二人きりにならないけれども、二人きりになる機会ができた。その時に、会話をすることで親近感が芽生えて男女の仲に発展していくパターン。

学校祭や体育祭などのイベント、職場で同じプロジェクトを任された、などのイベントによってコミュニケーションを取る機会を逃さないことだ。

3−4. 寂しい時に相談に乗ることで

女性が失恋して寂しい時などに、相談に乗ることでお互いの絆や関係が芽生えたりして、そこから恋に発展していく。

女性の寂しいという感情によって、他人の温もりを求めているタイミングで、一気に距離を縮めて「強い絆」を作ってしまうことだ。そうすることで女友達から男女の関係に発展していく。『聞き上手になり女性を誘惑する方法』も参考にしてみて欲しい。

まとめ. 女友達を彼女にする2ステップ

女友達を彼女にするステップとして、

ステップ1:女性の優先順位の上位に入る
ステップ2:キッカケを作る

女性の優先順位の3位以内に入ってなければ、彼氏になるなど夢のまた夢だ。そのためには、根本的な魅力を高めておくことだ。

ルックス、会話スキル、仕草や態度、デートのエスコート術などの男としての魅力だけではなく、職場であれば仕事ができるかどうか、学校であれば学校内での地位などが大事になってくる。皆に嫌われている人に魅力を感じたりはしない。

そして、その後は「男女の関係に発展するキッカケ」を作っていくことで、あなたが狙っている女友達を彼女にすることができるのだ。

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す