女性への苦手意識を克服して彼女を作るための3つの極意

女性が苦手を克服するのメインイメージ画像

「女性と話す機会があっても緊張して上手く話せない」
「かわいい女の子と視線を合わせると顔が赤くなる」
「自分から女の子に話しかけることができない」

こういった女性が苦手な状況にあるために、彼女やセックスをする相手が欲しくても、上手くいかずに苦しんでいることだろう。オレ自身も同じだった。

学生時代は同じクラスの女の子と仲良くしたいのに、声を掛けられただけで意識し過ぎてしまい、顔が真っ赤になってしまっていた。そんな状態だから、女友達すら1人もできなかった。

彼女が欲しい、セックスをしてみたいという願望から、この状況を抜け出すために様々な試みをして乗り越えた。そして、今では彼女もセックスをする相手も好きなだけ作ることができるようになった。

自分から女の子にアプローチをしたり、口説いたりして女友達や彼女を好きなだけ作ることができるようになるジゴロパンダ式の女性苦手克服法を伝授する。

1.  ジゴロパンダ式!女性苦手克服法の極意

なぜ女性が苦手なのかという原因は、この2つに集約されるケースが多いだろう。

「女性と接する機会が少なく抵抗がある」
「過去に辛い失恋をして女性に苦手意識を抱いている」

どちらにせよ精神的な要因なのは間違いない。原因がわかれば、解決策は簡単なものだ。

 

問題1
〜女性と接する機会が少なく抵抗がある
↓↓↓
解決策1
〜異性と認識する女性と接する機会を増やす。店員と話したり、道を聞いたりするのも効果的。
恋愛ノウハウで自分を磨きながら、出会いを増やすことに集中して成功体験を積んでいけば
乗り越えられるだろう。

 

問題2
過去に辛い失恋をして女性に苦手意識を抱いている
↓↓↓
解決策2
これも結局は「解決策1」と同様に成功体験を積んで、「女性に受け入れられる感覚」を恋愛やセックスにおいて抱いていけるようになるだけだ。

 

「女性に受け入れられる感覚」

というものを得ることで女性への苦手意識は完全に取ることができる。つまり「愛情」を感じることができるかどうかだ。しかし、そこまでの行動がなかなか抵抗がありできないから女性が苦手で困っていると思う。女性が苦手なのを克服したいならば、行動の前に

「自分を変えることで自分の意識も周りの反応も変える」

という意識を強く持つことだ。これで全てが上手くいくようになる。

2.  自己変革が人生を変える

「自分を変えることで女性の苦手を克服する」

と言ったが、自分を変えることで様々なメリットが生まれる。

1:自分を好きになり自信を持てるようになる
2:周りの反応が変わる
3:ネガティブな感情を抱かなくなる

2−1.  女性が苦手を克服するために自信を持つ

自信とは自分を好きになり、女性に受け入れてもらうで「女に対する自信」で完成する。失敗を恐れなくなり、女に執着をしなくなるので自信があるように周りにも見えるし、あなたの内面にも余裕が生まれる。

自分を好きになり、自信を持つためには自分を女性から見て魅力的な男になる変革を行う必要がある。モテる男になるための自己変革として最も簡単なのは

「ルックスを変えること」

これに尽きる。内面を変えるのは大変だが、外見を変えるだけならば簡単だ。ただお金を自己投資すれば良い。ヨーロッパを恐怖で震撼させた有名なフランス皇帝のナポレオン・ボナパルトもこう言っている。

「人はその制服通りの人間になるのだ」

人は着ているもの、身につけているものによってセルフイメージをそれぞれの心の中で作り上げる。そして、そのセルフイメージに基づいた振舞に近づけようとするのだ。

例えば、スーツを着ていれば身が引き締まる。学校で制服が存在するのも「学生」という意識を生徒に植え付けるためだ。だから、IT系などの自由な発想を必要とする企業は私服で働き、工場などの規律が必要な職場ほど制服で働く傾向がある。

「カッコいい服を着ればモテるように振る舞うようになる」

というのはオレの経験上も間違いない。パンダ式モテる方法ではモテないと自覚している男性ほどルックスを磨いてもらうようにしている。それがその個人の「女にモテない」というセルフイメージを変えるためにも、結果を出すためにも手っ取り早いからだ。

※ ルックスを磨くための参考ページ
ダサくてモテない男がモテる男になる!服装選びの3つの秘密
脱ダサイ!女ウケ抜群のファッション3パターン
彼女を作る!脱オタクファッションをするための5つの方法
モテる男の必須条件!重要なモテる姿勢

2−2.  女性の苦手を克服するために周りの反応が変える

自分を変えることで相手女性の反応も間違いなく変わる。今のような平和ボケした時代は、女性は顔の作りの良し悪しよりも美意識の高さを評価する。だから、まずは「ルックス」を磨くことで女性の反応を良くして欲しい。

女性の反応が良くなれば、あなたも自信を持って会話をしやすくなり、女性への苦手意識も薄れるだろう。ルックスを変えて周りの反応を良くした後は、コミュニケーションの仕方も変えて欲しい。

「他人を変えることは出来ない。変えることができるのは自分だけ」

というのは物事の真理だろう。女性との関係性だけではなく、両親や友人との関係に関しても自分の接し方を変えれば間違いなく相手の反応も変わる。パンダ自身も父パンダ、母パンダとは幼少期から上手くいっていなかったが、オレ自身が親パンダに対しても誠意を持って接するように心がけてからは良好な関係を続けている。

女性が苦手な段階からコミュニケーションを変えろと言われても難しいと考えてしまうかも知れないが、上手く話そうとする必要はない。女性は一緒にいて心地よい男性を求めている。「おっ」と思うような気遣いの方が何倍も大事。あとは、一生懸命相手と向き合い話を聞くことが重要だ。

※ 女性とのコミュニケーションを磨くための参考ページ
一流ホストに学んだ聞き上手になり女性を誘惑する25のコツ
デートで会話が続かない悩みを解決する3ステップ
2つの人間心理をズル賢く利用して女の子と仲良くなる方法

2−3.  ネガティブな感情を抱かなくなる

自分を変えるということを最大限にまでやる意識を持って欲しい。

「120%のことをできているかどうか」

と常に自問自答して欲しい。100%やろうと思っても人間は妥協してしまう要素が出てくるものだ。だから、120%という意識が必要だ。

なぜ、最大限にまで自己変革を行わなくてはいけないかと言うと、ネガティブな感情を抱かせなくするということにも繋がり、人生に良い影響を与えるからだ。個人的に好きな野球人でもあるプロ野球監督の野村克也監督の言葉で好きなものがある。

『ネガティブな感情を抱くのはやれることを全てやっていないから』

これは真実だと思う。やれるだけのことを全てやっていれば後悔などしない。例え、今日死んだとしても「やれるだけのことは仕方がないか」と思えるはずだ。

正直、これは誰もができているかと言えば、そうそう出来るものはないが、「120%」という気持ちを常に持ち続ける必要がある。そうすればネガティブな気持ちを抱くことはなくなり、前向きに楽しく生きていけるようになり、女性にもそういう前向きさが伝わりモテるようにもなる。

前向きに生きている人間の方が一緒にいたらポジティブな刺激を得ることができて、男にも女にもモテるようになる。

まとめ.  自分を変えれば全てが変わる

女性が苦手なのをスムーズに直すには、女性のあなたに対する反応を初対面で好意的にするのがベストな対応だ。ルックスや話し方などを磨いて準備を万端にしておく。そして、ネガティブ要素を省いていくのだ。そのために、自己変革をしていこう。そうすれば、

1. 自分を好きになる
2. 周りの反応が良くなる
3. ネガティブな感情を抱かなくなる

といった好循環が生まれる。そうすれば、自然と女性に受け入れられることも増えていき、気づけば女性への苦手意識もなくなっているだろう。

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す