彼女が欲しいのにできないを逆転するために欠かせない要素

彼女欲しいできない メインイメージ画像

「好きな人ができたのに振られた」と悲しい失恋をしてしまったり、「モテるための努力をしているのに全く上手くいかない」と悩み苦しんでいるのかも知れない。

なんとかモテない人生を変えたい!と本気で思っているならば解決策をお教えしよう。可愛い彼女を作るだけなら意外と頑張ればできるものだ。

ジゴロパンダ自身も、初体験も21歳で、高校までは女子とマトモに会話すらしたことがない状態から、女に困らない人生を手に入れることができた。体験人数も300人を超え、セックスにも飽きてきて、彼女もいつでも作ることができるようになった。

ジゴロパンダが当時のモテないパンダだった昔の自分に対して「彼女を作るために絶対に意識しておけよ!」と言うのに、最重要ポイントを話していくことにする。今の女性関係に不満を抱いているなら確実に役立つものだと自信を持っている。

彼女が欲しいのにできない状況を打開する方法

恋愛をするのにも相手がいないと始まらない。彼女が欲しいのにできない最大の原因はこれだ。

「出会いを作る意識が低い」

彼女が欲しいのにできないと悩むなら、出会いを作るのに意識を集中させることが1番だ。出会いを増やすことで、女性に嫌われたくないからルックスを磨こう、コミュニケーション能力を磨こうと頑張るようになる。

現実感と危機感がないから行動ができないのだ。例えば、学生時代にテストの1ヶ月前から勉強を自らすることはできないが、テストの直前なら徹夜してでも頑張るだろう。

テスト直前になって初めて、現実に直面するから危機感が生まれる。それと同じように、常に出会いがあるから魅力を磨くことに意識もむくのだ。まずは

「出会い」

これが先決で、今の時代に出会いを増やすのに、インターネットを介したものや出会いパーティなどのお金さえ払えば、女の子と出会って彼女探しができるものがたくさんある。こういったものを使わない手はない。

お金もなければ、ナンパが1番だ。出会いを増やした後に、彼女を作るために意識しておくべきものが以下の3つのポイントになる。

彼女を作るポイント1. ルックスを磨く

自分の見た目をガラッと変えると女の子の反応も大きく変わります。あなたの体型や年齢、雰囲気に応じたファッションや髪型などを整えて、女ウケの良いルックスにした方が確実に人生は楽に生きることができる。

人はは見た目を非常に重要視するのだ。

モテなかった当時は、パンダ自身もモテるためにルックスをたいして重要視をしていなかった。それでかたいした結果もついて来なかった。しかし、ルックスを意識して磨くようにしてからは大きく女性の反応が変わった。

正直にこんなにも変わるものかと驚いてしまうレベルだった。

女の落とし方』の5段階の好意レベルにも書いてあるが、ルックスが女の子にとって最低でも友達になれるレベルにないと恋愛対象に持っていくことはキツい。

別にイケメンになる必要はない。あなたの素材を最大限にまで磨く努力をした方が彼女を作るためにパンダの経験上、役立ったという話をしている。

もしも、本気で彼女が欲しいと思っているならば、下記のルックスを磨く方法のページを参考にしてみて欲しい。

※ルックスを磨く方法
ダサいを抜け出す!脱オタクファッションをするための5つの方法

モテる男の服装選び!3つの秘密

女ウケ抜群のファッション3パターン

彼女を作るポイント2.コミュニケーションのNGポイントを改善

「男の恋愛は加点方式、女の恋愛は減点方式」

と言われるように女性は過去の男性経験や本能的な判断により、普段のコミュニケーションの中で男の価値を減点方式で無意識にテストをしていく。

例えば、食事の食べ方が汚い、しゃべり方がナヨナヨしている、見た目が不潔などの女性が萎えるポイントのことを示している。

セックスをすると女は妊娠をして命のリスクも伴うために、少しでも優秀の遺伝子を選ぼうとする本能なのだ。

コミュニケーションにおいて『女の落とし方』のページで5段階の好意レベルについて詳しく説明しているので参考にしておいてくれ。彼女が欲しいのにできない男性は「面白い男になりたい」「話題が豊富になりたい」と加点ポイントとなるコミュニケーションを学ぼうとする前に、減点ポイントを減らして欲しい。

モテる男の特徴」にて、34個の項目を照らし合わせてみて、改善点を洗い出す参考にしてくれ。

彼女を作るポイント3.好意を示していない

好意を示さないと恋愛には発展しない。もちろん、女性から好意を示してくれて距離をどんどん相手から縮めてくれるなら好意は示さなくても良い。

しかし、彼女が欲しいと頑張ろうとしている段階でそんな余裕はないはずだ。まずは好意を示して、異性として意識をさせる必要がある。

好意を示しても良い段階というものがある。それは、『女の落とし方』の5段階の好意レベルの話をこのページで何回もしているが、友達になっても良いと思われるレベル以上でなければ、好意を1ミリも出してはいけない。

そして、相手に一緒にいて「楽しい」「嬉しい」などのプラスの感情を積み重ねていった後に、徐々に好意のレベルも上げていく。

レベル3:友達ならオッケー
最初は「飯でも行こうよ」というくらい
↓↓↓
レベル4:好意はある
冗談っぽく「飯でも作ってよ」「かわいいな」
↓↓↓
レベル5:付き合いたい。告白をしてもオッケー
「○○ちゃんが彼女だったらな幸せだな〜」

と好意に応じて段階を高めていく。

恋愛はあなた発信で始める癖をつけておいた方が良い。黙っていても女の子がよってくるのは男に困っている女の子ぐらいで質も低い。

「飯でもいこう」「かわいいね」「好きだよ」「タイプだ」といった風に自分から相手に異性として意識させていく言動、行動をしていくのを習慣づいているのがモテる男だ。

まとめ.  人生は出会いから始まる

恋愛も人生も出会いから動き始めるものだとパンダは思っている。

女の子と運命的な出会いをして、デートをして、セックスをする。交際をスタートし、お互い様々なことを学び合い、愛情を知る。結婚をして、子どもを産み、一緒に支え合い人生を歩んで行く。

たまたま飲み会で趣味で意気投合した人が、実はビジネスの成功者だった。その成功者と話していくうちに、考え方や価値観も変わり、自分でもなにかを成し遂げたいと思うようになった。そして、ビジネスで成功し社会に役立つ大きな業績を残した。

スポーツでも優秀なコーチとの出会いが一気に成長を加速させて世界的なプレイヤーになることもある。バスケの神様と呼ばれるマイケル・ジョーダンも名コーチフィルジャクソンと出会い、世界的なスターにまで成長した。

ボクサーのマイク・タイソンもカス・ダマトというコーチに出会い9歳から12歳までに51回も刑務所に入るような生活から抜け出し世界的なヘビー級のチャンピオンになった。

人生は出会いによって、方向性がガラッと大きく変わる可能性が出てくる。出会いを増やすからこそ、運命的な出会いも待っているのだ。

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す