素人童貞を卒業するためにおススメ!7種類の出会い方

童貞卒業出会いのメイン画像

童貞を卒業するにも女の子との出会いがなければ童貞を卒業することは絶対にできない。

少しでも多くの女の子と出会い、童貞を卒業するチャンスを掴むことで、あなたがタイプの可愛い女の子とセックスをしたり、彼女にすることができる。

せっかくなら、初体験をする相手は後悔のない相手を選びたいと思う。そのためにも、出会い方を学んで1人でも多くの魅力的な女性と出会って欲しい。

今回は「童貞を卒業するための出会い方」を話していくので参考にして欲しい。

1. どういう女の子が童貞卒業に向いているのか?

単純に、童貞を卒業さえ出来ればよいという業務的な話にするのであれば、貞操観念の低い女の子、セックス好きな女の子を探せば良いだけだが、良い思い出にしたい!という気持ちがあるならば、それはおススメしない。

あなたが可愛いと思える子、一緒に時間を過ごして楽しい子、抱いても後悔しない子を選ぶようにした方が良いと思う。初体験は一生の思い出になるので、「風俗で初体験を済ませろ!」とかいう意見は気にしなくていいだろう。

風俗にも素晴しい女の子がいるかも知れないが、初体験で嫌な女の子に当たっても後悔をするでしょうし、魅力的な女の子に当たっても、そこで惚れてしまえば身を滅ぼす可能性も出てくるので、どっちに転んでも良くはないでしょう。

初体験をさっさと済ませたくて、また良い子に出会ってもハマることはない人であれば、風俗も悪くはないと思う。

2. 出会いの数をノルマ化する

女の子との出会いが少なければ、成長のスピードも遅くなるし、成功体験を積むことも出来ない。まずは、出会いの数が最も重要だ。初体験を最高の思い出にするために、童貞を卒業する相手は自分で決めることが必要であり、そのために出会いの数をノルマ化しましょう。

1ヶ月で童貞を卒業して、最高の思い出にしたい場合は、理想は最低でも1週間に2人と出会うようにして欲しい。しかし、友人も少なかったり、出会いを増やしたこともない場合は、週に1人を目安にしてくれ。

そうすれば、1ヶ月以内ではなくても、遅くとも3ヶ月以内にはなんらかの結果が生まれるだろう。そのためには、様々な出会い方を並行して行っていく必要がある。

3. 童貞を卒業するためのおススメの出会い方

出会い方も様々なものがあり、それぞれの特色がある。出会いの量難易度を基準に表にしたので参考にして欲しい。

出会いの量が多い方がもちろんルックスの良い子、性格があなたに合う子と出会える確率は高い。ただし、出会いを増やす方法を覚えるまでの難易度が高くなる傾向がある。それぞれの出会い方のメリットとデメリットも書いていく。どの出会い方も一通り経験しているので、経験的な観測になるので参考にして欲しい。

出会いの種類 出会いの量 出会いにする難易度
ナンパ ×
出会い系
出会いパーティ ○ or ×
友人の紹介 ×
職場や学校 × ×
サークル ×
合コン

出会い方1. ナンパ

メリット
出会いのコツを覚えれば、出会いの量は無限大に広がる。好みのルックスの女の子を選べるし、いつでもセックスの相手だろうが、彼女候補だろうが、いつでも作れるようになる。

デメリット
出会い方の難易度としては習得までに時間も掛かる。また、恋愛初心者の方には精神的な負担も大きい出会い方だ。

出会い方2. 出会い系サイト

メリット
コツさえ覚えれば出会いの数も簡単に増やすことが可能だ。出会いに前向きな子ばかりだからだ。また、その出会うコツ自体も習得は簡単だ。出会うための費用もたいして掛からない。

デメリット
女の子のルックスが実際に会うまでわからないのが辛いところだ。最近だと、フェイスブックと連動したアプリもあるので、それを使えばルックスの把握は写真が多いために楽だ。

出会い方3. 出会いパーティ

メリット
恋愛に前向きな子が多く、彼氏作りに真剣な子が多い。特別美人な子はいないが、ルックスが特別悪い子も少ない。参加費の数千円さえ払えば、最近は出会いパーティの開催業者が乱立しているので、いくらでも出会いを増やすことが可能。

デメリット
結婚を意識している子や20代半ば以降の女性が多いので収入や職業を気にする子が多い。20歳前後の女の子にしか興味のない男性には意味のない出会い方になる。また、東京や大阪、札幌、名古屋などの都市部なら毎日のようにパーティは開かれているが、あまりにも田舎だと開催されているパーティは少ないので出会いの量を望めない。

出会い方4. 友人の紹介

メリット
友人のルックスや性格がお勧めな子を紹介してくれるので、紹介される前にしっかりと吟味できる。また、相手の女の子も紹介に応じた後は、「友人に紹介してもらった恩」を感じているのでデートの誘いなども断りづらい心理になるので、誘いやすい。

デメリット
出会いの量が増えない。また、友人の紹介を介しているので、紹介してもらった女の子が気に入らなくても断りづらい

出会い方5. 職場や学校

メリット
お互いのことを知ってから付き合うことができるので、付き合った後のギャップが少ない。仲良くなるための時間が多いので、自分の魅力を伝えるチャンスが多い。魅力の高い男性ならば、いくらでも相手を選べる出会い方。

デメリット
出会いの幅が狭い。また、人気者な男性なら、そのコミュニティ内で女の子を選びやすいが、逆に立場の低い男性にとっては出会いのチャンスは皆無だ。そういう社会性も魅力に繋がる出会い方だ。また、常にいるコミュニティ内なのでお互い恋愛関係になると、面倒なことになりかねないので一線を貼る傾向がある。

出会い方6. サークル

メリット
「職場や学校」の出会いと同様のメリットがある。それに加えて、職場や学校と違い、出会いを増やすためにサークルを掛け持ちをしたり、出会いのチャンスの多いサークルを選ぶことができる。

デメリット
「職場や学校」の出会いと同様に、女の子を選べるレベルにモテるためには社会性が必要になる。「ネアカ」向きの出会いと言える。そのコミュニティ内で人気者になればチャンスは多いが、逆の場合は難易度は一気に高まる。恋愛初心者には向かない出会いだ。

出会い方7. 合コン

メリット
ナンパとサークルの中間に位置するような出会い方だ。一回きりだが、ナンパよりも周りに男性もいるので、社会性のいる出会い方になる。合コンに一緒にいける友人がいるならば、チームプレイも発揮できて、さらに楽しんで出会いを増やせる。合コンを開催する力さえあれば、いくらでも出会いの量を増やせる。

デメリット
合コンを自分で作ったり、紹介してくれる友人がいないと合コンをするチャンスは全くないことだ。また、仲の良い友人や盛り上げてくれる友人がいないと合コンでの成功は難しい。単独プレイが好まれない出会い方だ。

※具体的な童貞を卒業する方法を学びたい場合
30日で童貞を卒業する4ステップ』を参考にしてくれ。

まとめ. 童貞卒業に向いている出会い方

あなたが可愛いと思える子、一緒に時間を過ごして楽しい子、抱いても後悔しない子を童貞卒業の相手として選べる出会い方として向いているのは個人的には

「出会い系サイト」
「お見合いパーティ」

が難易度が低めであり、出会いの量もあるので失敗が許されるのでおススメだ。

ただし、あなたが素晴しく思いやりのある仲間に囲まれているならば、合コンが適していたり、友人の紹介が適しているだろうし、人見知りをしないのであればナンパが向いているだろう。今回の記事を参考に出会い方を選別してみて欲しい。

現状、出会いが全くなく、出会いを紹介してくれる友人もいないならば、まずは「出会い系サイト」「お見合いパーティ」から始めてみて欲しい。それぞれの攻略の仕方は、このブログで紹介していく。

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す