デートに断られた後に再度チャンスを獲得する3つの方法

デートに断られた後の3つの対処法のメイン

あなたは女性とデートに誘って断られて落ち込んでいるかもしれない。そこで、この記事では

「デートに断られてから再チャンスを獲得する方法」

について話していく。

0. 動画バージョン

1. デートに断られた3つの理由

今までに、もしもデートに誘って断られたことがあるのならば、それにもきちんとした理由が存在する。

代表的な理由を上げていくので、そうやって理由を知ることで振られないようにして対処をすることで、デートに応じてくれる可能性も高まる。それでは、女の子にデートを断られる代表的な理由を紹介してしこう。

1−1. 男としてタイプではない

男のタイプではないというのは大体見た目に大きく偏る傾向があるが、女の子の場合は見た目以上に男性の内面的な要素を見ている。

1−1−1. ルックスの問題

見た目に清潔感がなくて不潔だと女性に嫌われる可能性は高くなる。

また、男性のルックスへの要望が大きい女性ほど、ファッションがダサい、顔や体型が好みと違う、といったことで女性の気持ちが萎えてしまう傾向がある。さらに、ルックスによる見た目の印象によって

「見た目に清潔感がないから、だらしない性格なんだろうなぁ」

と思われてしまう可能性もあるので、最大限の努力をする必要をしておくことだ。チャラそうな見た目だと内面もチャラそうに見られたり、見た目が真面目だと真面目な性格だと思われてしまう。ルックスの印象一つで、恋愛での戦略性も変わってくる。

だから、最低でも清潔感を出せる男を目指していこう。『清潔感のある男になり彼女を作るための13のチェック項目』を参考にしてくれ。

1−1−2. 性格の相性の問題

会話だったり、仕草や態度といったコミュニケーション全般において性格の相性というものとを女性は感じ取っていく。過去に関わってきた同性、異性から性格の相性や好みを判断したり、楽しく過ごせるかどうかを見ているのだ。

あなたと接することで女性が楽しかったり、嬉しいといったプラスの感情を抱くことが多いと、女性側が勝手に「この男の人は相性が良い」と思うようになる。

例えば、セックスの相性というものを気にする女性も数多くいるが、結局のところ過去に抱かれた男性の中で1番気持ち良くしてくれて、快感を与えてくれたら、これに関しても「セックスの相性が良い」と考えるものだ。

1−1−3. 条件面の問題

女性の中には、やはり男性の経済状況を気にする人も存在する。特に20代後半以降と結婚適齢期に入っている女性は、恋愛相手を結婚候補と若い子よりも強く認識していく。

また、寂しがり屋の女の子も多いので、そういった子の場合は仕事の休みが合うかどうかを気にする子もいる。

あとは、長男かどうかとか、両親との関係、出身地などを気にする人もいたり、中には血液型を非常に気にする女性もいるので、異性のタイプというものは千差万別だ。

1−2. デートをするのが面倒臭い

女性がデートをするとなると、化粧をして、オシャレをして、待ち合わせをしてと様々な用意をするのに、男性以上に手間が掛かるので、デートに応じるのに腰が重くなってしまう。デートの準備に1時間〜2時間はかかるものだ。

そもそも、出会いを求めていなかったり、生理やアレルギー、偏頭痛などで体調が悪い日々が続いていて、デートをするのが、面倒臭がったりしているかも知れない。こういう女性側の立場への配慮も必要だ。

1−3. 女の子のコンプレックスでデートを断る

女の子自身の精神的な部分でデートを断られているということも考えられる。

女性の中には、自分に自信がなくて、こちらに好意を抱いているからこそ「デートをして直接会ったら嫌われてしまうのではないか?」と考える人も稀にいる。こういう女性には「嫌いにならないよ」と安心感を与える必要がある。

また、性格が天の邪鬼でツンデレなために、デートを断る女性もいる。こういう女性は好意もあるし、時間もあるのに、素直になれずにデートの誘いを断ってしまう。

こういった女性の場合は、何度も誘うことでデートに応じてくれるようになる。

2. デートに断られた後に再チャンスを作る3つの方法

こういった女性側にも「ただタイプでない」といった単純な心理だけではなく、色んなデートに応じない理由があることがわかってもらえたと思う。

それでは、次はデートに断られた後に、あなたが片思いをしていたり、セックスしたいと狙っている女性に、もう一回デートに誘うチャンスを獲得する方法について話して行く。

※デートに断られないために『100%断られないデートの誘い方』を読んでおいて欲しい。

2−1. デートに断られた後に雰囲気を悪くしない態度

断られて落ち込んで「なんでダメだったんだろう」といった暗い気持ちになっても次のチャンスは訪れない。断られたとしても、女性が気にしないように、

「マジか!いきなりだったか!また誘うね」
「了解!また次のタイミング合いそうな時に☆」
「なら、都合良くなったら教えて!」

爽やかな態度で「また次回も誘うのが当たり前」という気持ちで、デートに断られたことに対応することだ。

あなたも仕事が多忙な時に同僚に飲みに誘われたりしたら仕方がなく断ってしまうように、女性側にも断らざる負えない事情があったかも知れない。たまたま、生理だったりで体調が悪かったかも知れない。

色んな事情があるものなので「何かあったんだな」と自分を否定せずに、明るい気持ちでいた方が女性に対しても気楽な雰囲気が伝わり、次回に繋がる。

2−2. デートに断られら一旦引いたチャンスを待つ

女性が断っているのに何度も短期間にデートに誘ったりすると「しつこい」「面倒臭いヤツ!」といったネガティブな印象を抱かれやすい。

「1度断られたら時間を置いてお互い忘れる」

というのが大事だ。現代人は多忙なので、2週間も経てば色んなことがあって記憶から薄れていく。「時間」というものも念頭に入れて行動すると、再アプローチをかけやすくなる。

デートに誘うという「押し」だけではなく、時間を利用しても「引き」も導入していくとデートに誘いやすくなる。

2−3. デートに断られらハードルを下げてみる

例えば、「飲みに行こうよ」と狙っている女性をデートに誘ったとする。

しかし、それで断られた場合は女性に「この男はエロいことを考えて下心を感じて危険だ」と思われたかも知れない。また、飲みに行くとなると時間や体力も使うので敬遠されたかも知れない。だからこそ、次回のデートでは

「デートに応じるハードルが下げる」

というのも非常に有効だ。前回断られたデートが「飲み」だったら

「おしゃれなカフェがあるからお茶を1時間くらいしよう」
「ランチでもしようよ」

といった女性の「時間」「労力」が前回誘ったものよりも低いものを提案すれば応じてくれる可能性は高まる。女性側の心理的なハードルも踏まえて誘うと良いだろう。

まとめ. デートに断られてからが勝負!

女性は男性に「軽く見られたくない」という心理がある。だからこそ、

「女性に断られてからが勝負」

だと考えている。ジゴロパンダはストリートナンパが1番好きな出会い方で主戦場としてきた。そこでは女性はひたすら断る。

しかし、その断るものをトークで「NO」を「YES」に変えることもできるのだ。是非、今回話したことを活かして、女性とのデートに行くチャンスを獲得して欲しい。 

無料プレゼント:ベタ惚れ会話テンプレート

特に、女性との会話が苦手だったり、狙った女性と恋人関係に発展させることができない方向けの教材になります。あなたはこの無料教材を手に入れることで、

・女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法
・友達止まりから自動的に彼氏候補として見なしてしまう心理テクニック
・あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法
・狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術
・女性にあなたのことを他の男とは違う「特別な男」だと認識させる方法

などなど。他にも多くの恋愛ノウハウを学ぶことができます。300人以上の女性を落してきたジゴロパンダが実際に使っているトークテクニックを完全無料0円で全てをプレゼントします!

無料プレゼントはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す